The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク
関連トピックス

論文賞選考委員会からのお知らせ


  • 日本堆積学会論文賞 候補論文募集中(2021/12/19)


  • ●日本堆積学会 論文賞

    学会員のアクティビティーの向上・堆積学の発展をめざす目的から,優れた論文を毎年1件選定し表彰する 論文賞を2009年より設立いたしました。

    <参考:日本堆積学会顕彰規定

    これまでに日本堆積学会論文賞を受賞した論文と受賞者はこちら


    日本堆積学会会員の皆さま
     日本堆積学会論文賞選考委員長  酒井哲弥

     日本堆積学会では,学会員のアクティビティーの向上・堆積学の発展をめざす 目的から,優れた論文を毎年1件程度選定し,表彰しております.  論文賞の候補論文を下記の要領で募集いたします.論文賞は会員ならばどなたでも応募できます. 若手の皆さんからベテランの方まで,奮ってご応募ください.

    <日本堆積学会論文賞候補論文募集要項>
    (1)応募者資格:
     応募時点で日本堆積学会員であること.
    (2)対象論文:
     2018,2019,2020,2021年に発行された堆積学に関する論文で,本学会員が筆頭著者であるもの一(昨年度募集より,4年分を対象としています).
    (3)応募方法:
     堆積学会ホームページ(リンク)から応募用紙をダウンロードし,ご記入の上,論文のPDFとともに下記アドレスにお送り下さい. 自薦・他薦を問いません.また,1人あたりの応募件数にも制限はありません.

    応募用紙(Wordファイル): Wordファイル  応募用紙(PDFファイル): PDFファイル


    送付先:
    email: j.komatsubaraaist.go.jp
    2020ー2022年度日本堆積学会事務局 産業技術総合研究所 小松原純子
     ※郵送による受付は行いません.

    応募された方には,応募書類受領メールを送らせていただきます.送付後 10日以上受領メールが来ない場合は電子メールにてお知らせください.
    (4)応募期限:
     2022年1月21日(金)必着
    (5)その他:
     応募された論文については論文賞選考委員会で審査し,2021年の堆積学会総会で表彰いたします. 審査基準などについては,下記の内規をご参照下さい.

    以上


    <参考>

    日本堆積学会顕彰に関わる内規
    2008年4月26日制定
    2008年9月21日部分改訂
    2009年10月15日部分改訂
    2018年3月25日部分改定
    1.論文賞
    (1)受賞資格:応募時点で日本堆積学会員であること.
    (2)審査の対象:過去4年間(表彰を行う総会開催年の前年から起算して過去4年間)に 発行された堆積学に関する論文で,本学会員が筆頭著者であるもの.
    (3)審査の実施:毎年.
    (4)受賞者の選考と決定:論文賞選考委員会で受賞候補論文を選考,審議の 上決定し,運営委員会に報告,承認を得る.受賞該当論文がない場合は 受賞者なしとする.
    (5)選考委員:5名程度.
    (6)選考委員の選出:運営委員会で選考し委嘱する.
    (7)選考委員の条件:堆積学研究において経験と実績のある者.
    (8)審査方法:会員から自薦・他薦により候補論文を募る.選考委員は, 候補論文を精読し,採点する.
    (9)審査基準:次のような観点を踏まえ,総合的に評価する.
     (a)アイデアが斬新であること,
     (b)堆積学へのインパクトが大きいこと,
      (c)controversialであること,
      (d)発展性があること,
     (e)論理的で読みやすく書かれていること.
    (10)表彰:日本堆積学会総会で「○○年日本堆積学会論文賞」として 表彰する.表彰においては賞状を授与する.


    上へ
    ©2003- The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.